« ダメな日 | Main | 琉球妖怪好き必見の映画 »

August 21, 2008

東南亜細亜映画探索再開するかなあ

 さて、ここしばらくバタバタしていて新規映画発掘しておりませんでした。

 これじゃダメだなと一月半ぶりにネットをあちこちさまよって、変な映画を見つけてきました。まあ、2本しか見つけてないわけですが(汗


【その一】フィリピンのスーパーロボ実写映画『RESIKLO』

 予告編もyoutubeから再生できるし、何よりフィリピンでSFっすよSF。安いCGではありますが、自分的には購入決定(汗 これから探します。

 監督・脚本は、Mark A. Reyes。主にアイドル映画を撮ってる人みたい。
安いデザインワークのウォーカーギャリアもどきがかわいいけど、きっと『トランスフォーマー』の柳の下作品と思われるところがとっても不憫(汗。日本じゃあ、絶対に通らないよなあ、この企画……


【その二】フィリピンの吸血鬼アニメ FLY ASWANG

 おそらくはフィリピンのアニメスタジオの作品で、雰囲気は日本のヒーローコミック調。でも、ネットあんまり情報ないので、詳しい方、教えてくださいませ。ASWANGは何度も取り上げてるフィリピンの女吸血鬼ね。それが主演で、しかもかっこいい。ちょっと追いかけます。

 今回はこの2本だけ。またちょこちょこバカ映画は探してきますです~。

●アキバのBOOK OFFで1枚だけ拾ったDVD:『狐怪談』
 

|

« ダメな日 | Main | 琉球妖怪好き必見の映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東南亜細亜映画探索再開するかなあ:

« ダメな日 | Main | 琉球妖怪好き必見の映画 »